PROFIL
小林かなえプロフィール



23歳でパリへ単身お菓子留学

ノートルダム女学院高等学校、同志社女子大学短期大学部卒。学生時代に「ル・コルドンブルー京都北山店」でアルバイトをしたのがきっかけでフランス菓子に魅了される。卒業後洋菓子店に3年間勤務後渡仏。20歳の時フランスアルザス地方のパテイスリー「グロス」で短期研修。その後23歳で単身渡仏。パリの「エコール・リッツ・エスコフィエ」卒業。卒業後は5つ星ホテル「ホテル・リッツ」で6ヶ月間の研修。その後ミシュラン3つ星レストラン「アルページュ」「ルカ・キャルトン」「タイユヴァン」5つ星ホテル「オテル・ド・クリヨン」でも修業。




1997年、
京都でお菓子教室開校

帰国後、地元京都で小さなお菓子教室「ラ・プテイ・シェリー」を開校。新聞や雑誌などにも取り上げられ話題になる。デパートでのお菓子教室やイベント、雑誌の連載などの依頼も相次ぐ。98年には最初の本「マドレーヌを焼きにパリへ」を文化出版局より出版。その後レシピ本やパリのお菓子屋さんガイド本など15冊出版。デパートでのイベントや大手企業のお菓子やパンのプロデュースも手がける。

 

パテイスリーカナエOPEN

教室をはじめ10周年目に、マカロンを中心としたパテイスリーをオープン。マカロンブームを引き起こしマカロンに関する著書も多数出版し講習会も行う。マカロンを8000個ほど焼く日もありめまぐるしい毎日が続く。その後、結婚し出産したことから、5年後パテイスリーを休業。




新アトリエに移転

2014年、京都の御所南に念願の自然光とグリーンのあふれるアトリエに移転。真っ白な広いキッチンの部屋には大きな天然大理石の作業台を設置しAEGコンベクションオーブンも6台完備。また木のあたたかみのあるフランスのヴィンテージ家具でコーディネートしたサロンを併設。これまで以上によりよい環境でレッスンをしていただけるようになりました。




テレビや雑などでも活躍中

NHKきょうの料理の出演をはじめ、テレビや雑誌また自身の執筆などでも活躍。フランス菓子はもちろん京都のお菓子にも精通。また百貨店でのイベントや講習会、レシピの企画開発なども行い幅広く活動しています。JTBとの共同企画にてパリお菓子研修旅行も行っています。またリノベーションした家に住む、お菓子のプロならではの暮らし方やパリと京都を融合させた家などのシンプルでオシャレなライフスタイルも注目されています。現在は京都を拠点にパリのアパルトマンを年に数回行き来をしながら生活中。フランス人の夫、6歳の娘との3人暮らし。